私の車遍歴 スズキの中古車編

スズキは軽自動車のスズキとして余りにも有名です。中でも長期間ヒットを続けているワゴンRは中古車でも人気です。

スズキの中古車は人気です。

元々、ワゴンRが発売される前に、月間生産量は3000台を予想していました。ところが発売と同時に軽く1万台を超えたのです。コレは鈴木の幹部も驚いたことでしょう。そのため、マイナーチェンジの度に、ワゴンRの装備はドンドン良くなっていきました。パワーウインドウやタコメーターキーラスエントリーシステムなども次々と標準で装備されるようになっています。それまでの軽自動車は、車高の低いモノが一般的でしたが、ワゴンR覇者工を高くすることで、一気に室内の空間を広げ、男性でも乗り降りのしやすい車となったのです。このことで若い男性からも支持を集め、一気に人気を呼びました。

さらにターボ車を採用することで、走りの面も重視し、居住空間に走りをプラスすることで、一段と魅力を高めています。視点が高くなり、視認性が高まっただけで無く、開放感も手に入れています。ワゴンRの登場後、このスタイルが軽自動車の基本となっているほどです。軽自動車の概念を換えただけで無く、そのベースのデザインとして、多くのメーカーが模倣していると言っても良いと思います。スズキは、販売店はすべて本社の持ち物です、他メーカーのように、地域毎にディーラーを持っていないことも大きな特徴です。軽自動車のトップシュアを長期に渡って維持していたこともワゴンRの大きな特徴で全車両の中で、ワゴンRが販売で異数でトップだった月がかなりあるのです。それほどよく売れたと言えます。それは中古車でも変わらない状況です。

Recommend



Copyright(c) 2017 私の車遍歴 スズキの中古車編 All Rights Reserved.